食品表示について

先日、食品製造者を対象とした食品表示適正化講習会
に行ってきました。

私はただの素人。周りの皆さんは事業者

若干の場違い感を感じながらも講習受けてきました(っ´∀`)っ

以下まとめと復習

**************************************
f0215475_19495233.jpg

<食品表示の目的>
 消費者が食品を購入するとき、その選択の手ががりとなる

※食品表示制度には
 ・特定の事項を表示することを義務付け、その表示法を定めているもの
  (JAS法、食品衛生法など)
 ・表示する際の表示方法だけを定めているもの
  (健康食品などが対象)
 の2つがある

主に前者が私に関係してくることでしょう。。。

f0215475_1950731.jpg


<表示内容>
*JAS法・・名称・原材料名・保存法・原産地・内容量
        期限・原料原産地・製造者・住所
*食品衛生法・・上記+添加物・アレルギー物質

店内加工、店内販売のものはJAS法の表示義務対象外
ただし食品衛生法では義務が出てくる場合もある

<表示方法>
・原材料と食品添加物を分けて、重量の多いものから表示
・添加物は一般的な名称で食品衛生法に基づき表示
 (用途名の併記が必要な場合あり)

※ジャムの表示※
・2種類以上の果物等をミックスしたものは「ミックスジャム」表示
・規定以上の大きさの形の残るものは「プレザーブスタイル」と記載できる


f0215475_19502798.jpg

♪表示内容について♪

<原材料の表示>
・原材料は事業者が使用する状態の原材料名で表示
・中間加工材料と用いて製品を作った場合は、
 複合原材料として表示するのが一般的
・同種類の原材料は一緒に表示できる 例)野菜(ニンジン・きゃべつ)
・特色ある原材料の表示
 例)~~産小麦、とちおとめ使用(品種名)、宇治抹茶使用(銘柄名)など
・使用割合の表示 例)小麦粉(北海道産70%、アメリカ産30%)など

<賞味期限と消費期限>
・劣化が遅いもの・・賞味期限
・早く悪くなるもの・・消費期限←こちらでしょう・・年月日表示
表示シールなどに一括表示できない場合は「~~に記載」などの文言により
別の場所へ表示が可能!

<保存方法の表示>
・期限表示の基準となっている保存方法を明記
※開封後の保存方法などは別欄で記載するのが良い

<製造業者の表示>
・JAS法の品質基準法に基づく表示内容に責任を有するものの氏名または名称及び住所の表示

<原料原産地名の表示>
・22食品群についてはその原産地を記載する
 (原材料に占める割合が最も多いかつ50%以上を占めるとき)
 関係してくるのは黒糖とカット野菜くらいかな・・。

f0215475_19504613.jpg

<アレルギー表示>
・含まれているすべての食品を表示

*必ず表示するもの
  特定原材料(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生)

*表示が推奨されているもの
  特定原材料に準ずるもの
  (オレンジ・キウイ・クルミ・大豆・バナナ・桃・リンゴ・ゼラチン)
   ・・関係するものだけ挙げました

 表示方法・・すべての原材料、食品添加物の表示の後にカッコ書きでまとめて表示

*************************************************

とこのようなことでした。
難しいですが、ほかのお店も参考に適正な表示をしなければです!


写真は川越のパン屋さん「楽楽」さんです~♪
とってもかわいい店内☆
これはすごく参考になりました!!!!

楽楽

住所    埼玉県川越市元町2-10-13
営業時間 [水~日]10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日   月・火
[PR]
by e_cake | 2012-02-12 19:05 | 開業準備・経営 | Comments(0)

2013年 山梨県でカップケーキ屋さんを始めました!そんな私のおかしな毎日をつづります(・∀・) お店の詳しい情報はブログメニューのメモ帳を見てください!


by e*cake